Beat on Wrist アイコン
AppStoreへのボタン

Beat on Wrist

 

Beat on Wrist

Tips

 音楽のテンポをあなたの手首に振動で伝えます。

 

# テンポを変えるにはデジタルクラウンを回してください。

# iPhoneが無くても、AppleWatchのみで使用できます。

* (インストールにはiPhoneが必要です。)

# 個人練習用です。 プロレベルの演奏には使えません。

 

 AppleWatchの設定メニュー>一般>画面をスリープ解除 から「手首をあげて画面をスリープ解除」をオフに、70秒間スリープ解除にしてください。

 それ以上スリープさせたくない場合は、このサイトのこちらのページをご覧ください。

 この問題は、将来watchOSの変更により改善されるかもしれません。

 "Beat on Wrist"は毎秒77拍までは強い振動を伝えますが、78拍以上になると振動が弱くなります。 これはAppleWatchとwatchOSの仕様上の限界で、解決するにはこれらの進化を待つしかありません。

 

 AppleWatchには複数のモーションセンサーが組み込まれており、これらをオフにすることができません。 AppleWatchを演奏中に強く振ると、これらのセンサーが一斉に働くためにリズムが乱れます。

 残念ながら、"Beat on Wrist"はドラムやパーカッション、その他ハードな演奏には向きません。

ご質問、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

(スパムメール対策で、@が「絵」になっています。恐れ入りますが、英半角の@を挿入してください。)

aishinp

icloud.com

Beat on Wrist アイコン
AppStoreへのボタン

Beat on Wrist

Tips

 音楽のテンポをあなたの手首に振動で伝えます。

 

# テンポを変えるにはデジタルクラウンを回してください。

# iPhoneが無くても、AppleWatchのみで使用できます。

* (インストールにはiPhoneが必要です。)

# 個人練習用です。 プロレベルの演奏には使えません。

 

 AppleWatchの設定メニュー>一般>画面をスリープ解除 から「手首をあげて画面をスリープ解除」をオフに、70秒間スリープ解除にしてください。

 それ以上スリープさせたくない場合は、このサイトのこちらのページをご覧ください。

 この問題は、将来watchOSの変更により改善されるかもしれません。

 "Beat on Wrist"は毎秒77拍までは強い振動を伝えますが、78拍以上になると振動が弱くなります。 これはAppleWatchとwatchOSの仕様上の限界で、解決するにはこれらの進化を待つしかありません。

 

 AppleWatchには複数のモーションセンサーが組み込まれており、これらをオフにすることができません。 AppleWatchを演奏中に強く振ると、これらのセンサーが一斉に働くためにリズムが乱れます。

 残念ながら、"Beat on Wrist"はドラムやパーカッション、その他ハードな演奏には向きません。

ご質問、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

(スパムメール対策で、@が「絵」になっています。恐れ入りますが、英半角の@を挿入してください。)

aishinp

icloud.com

Beat on Wrist アイコン
AppStoreへのボタン
  • Beat on Wrist

     音楽のテンポをあなたの手首に振動で伝えます。

     

    # テンポを変えるにはデジタルクラウンを回してください。

    # iPhoneが無くても、AppleWatchのみで使用できます。

    * (インストールにはiPhoneが必要です。)

    # 個人練習用です。 プロレベルの演奏には使えません。

     

     AppleWatchの設定メニュー>一般>画面をスリープ解除 から「手首をあげて画面をスリープ解除」をオフに、70秒間スリープ解除にしてください。

     それ以上スリープさせたくない場合は、このサイトのこちらのページをご覧ください。

     この問題は、将来watchOSの変更により改善されるかもしれません。

  • Tips

     "Beat on Wrist"は毎秒77拍までは強い振動を伝えますが、78拍以上になると振動が弱くなります。 これはAppleWatchとwatchOSの仕様上の限界で、解決するにはこれらの進化を待つしかありません。

     

     AppleWatchには複数のモーションセンサーが組み込まれており、これらをオフにすることができません。 AppleWatchを演奏中に強く振ると、これらのセンサーが一斉に働くためにリズムが乱れます。

     残念ながら、"Beat on Wrist"はドラムやパーカッション、その他ハードな演奏には向きません。

ご質問、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

(スパムメール対策で、@が「絵」になっています。恐れ入りますが、英半角の@を挿入してください。)

aishinp

icloud.com